地図、アクセスなど、お山に関する各種情報登山道・登山口登山ルートを多数の写真を使って詳細に解説ご感想はこちらのメールフォームからお願いします「お山へ行こう!」のトップページへ

法蓮寺裏山から
花山(はなやま)
愛媛県東温市上林
標高330.2m
別名・天神森
※三角点はありません。
オノジ(おのじ)
愛媛県東温市上林
標高356.7m
別名・大野陣・大野地
※三角点はありません。
花山・オノジは、皿ヶ嶺の麓、上林にある、戦国時代の城趾と国盗りの激戦の伝承がいまに残る山山です。

花山は、上林小学校や保育園の裏山のような存在で、麓から比高にして100mほどです。
オノジは、 花山の南面、谷を挟んで400mほどしか離れていない場所にあります。
どちらも鍵山(象ヶ森)の西麓、舌状に延びた尾根の末端に位置しています。

花山には、築城時期不明の花山城がありました。
菅式部介菅原高善が城主だった文中3年(1374)、小笠原兵庫頭政長に攻められ、城を退き、現在の久万高原町面河に若山城を築いたという記録が、花山城が登場する最も古い記録です。
次に登場するのは天文年間(1532~1555)で、河野家の重臣だった荏原郷棚居城主・平岡大和守房実の属城となっていました。
城代は相原土佐守でしたが、久万山の大除城主・大野紀伊守利直に天文22年8月に襲撃されます。
その戦の時、花山城の南に対する尾根に大野勢が陣地を構えたところが、オノジです。
オノジは“大野陣”が転訛したものです。
大野勢の戦術にまんまと堕ちた相原勢は殲滅され、花山城は大野氏のものとなり、現在の久谷窪野にあった真城しんじょうヶ嶽城主・森伊豆守家継を城代として守らせました。
その後、豊臣秀吉の四国攻めによって河野氏が滅亡すると花山城も開城。
森氏及び家臣一同は下野、帰農し、森氏は上林にて庄屋となり、現在でも上林・下林周辺には森姓が多く存在するそうです。

最後の城主・森氏の墓は花山城の西、法連寺境内に安置されています。

現在、花山城趾には尾根伝いの間道の上に林道が整備され、アクセスは良好です。
(林道建設時、堀切などが一部、破壊されました。)
最も高い1の郭には東屋が建設され、見晴らし良好な展望所となっています。

オノジには、尾根を越えて反対側の集落を結ぶ山道があります。
往事には郵便配達員も利用していた道です。
尾根の堀切から数十mのところに祠が祀られている場所が山頂です。
また、地元の人はオオノジンと呼んでいます。
↑マウスで移動、ホイールで拡大・縮小↑
12.3km
8.5km 900m 田窪
1km 見奈良
2km 1km
砥部拾町 8km 1km 3km
拝志 3km 下林 川内IC
花山 600m 花山
札場 600m
オノジ
伊予鉄道
横河原線
松山市駅
見奈良駅
横河原駅



松山市駅 見奈良口 横河原駅前
伊予鉄バス拝志線
上林皿ヶ嶺登山口行き
伊予鉄バス河之内線/松瀬川線/海上線
上林皿ヶ嶺登山口行き
札場
札場
※河之内線/松瀬川線/海上線は、平日・土日のみ運行で、日曜はありません。
※拝志線は、朝は松山市駅行きのみ、夕は上林皿ヶ嶺登山口行きのみしかありません。
伊予鉄道
地図、アクセスなど、お山に関する各種情報登山道・登山口登山ルートを多数の写真を使って詳細に解説ご感想はこちらのメールフォームからお願いします「お山へ行こう!」のトップページへ
ブログパーツ
inserted by FC2 system